忍者ブログ
「ふりすた。」裏バージョン。製作したリペフォの紹介などを。
[296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286
ジェット&ヘリファルコン発売にて、グレートワイバーン完成!
それを記念して、
我が家のTAKARAなドラゴン大集合!

09072302.jpg
















うじゃうじゃ~
とりあえず、我が家のTAKARAなドラゴンは、TF除いて15体。
意外と少ない?
TF除くのは、混ぜたらなんか収拾つかなくなりそうなんで(苦笑



09072205.jpg













まずはグレートワイバーン。
1号メカが腹~尻尾という、一風変わった合体だけど、
ファイナルレスキューギミックは前後のライト&サウンドが連動しておもしろい!
…しかし、弄っててなぜか頭に浮かんだのは
クラウドドラゴン
だったりするんだ…
@2009年


09072220.jpg




















続いては皇帝龍。
今回のドラゴンたちの中では一番古い存在か。
写真のブツは復刻版だけど。
当時はブラックバージョンしか単体では発売されず、
同じ魔神をいくつも買う財力のなかったワタシにとって、
この金色の皇帝龍は憧れでしたわよ。
@1989年


09072208.jpg




















ダイナドラゴン。
今なおその完成度の高さには目を見張るものがある、
と個人的にはおもっちょります。
つか、グリッドマンシリーズは、ホントに復刻して欲しいトイのひとつだわ。
ヒロイックなデザイン・カラーリングがともに秀逸。
@1995年


09072207.jpg




















レッドガイスト。
言わずもがな、元々はデスザラス。
TF→勇者コンバートの第1号だけど、
当時のワタシ、正直その事に気づいて無かったよ…
途中で気づいたけどさ。
いや、それだけ色によるイメージの変更に成功してるってことだよ!
@1992年


09072209.jpg




















黄金竜ゴルゴン。
ドラゴンっつーよりも怪獣よりなデザインだけど、名前が竜なんだからドラゴンだ。
尻尾→腕や胸部を畳んでふんどしに、という変形が面白い。
普通なら安易に“口を開いたらロボ顔が”となるところを、
“下あご収納→ロボ顔展開”となってるのが地味に好き。
@1995年


09072218.jpg


















シャドードラゴン。
合体戦士にしてトリプルチェンジャーという、どえらいプレイバリューの高いアイテムだなや。
しかもどの形態もプロポーションがいいときてる。
すこしでいいのでそのプロポーションのよさを仲間の4人合体の人たちにですね…
@1996年


09072210.jpg




















ガリューン。エキゾチックなデザインがイカス。
変形モチーフがガレー船な海賊船というのが、非常に珍しくて気に入ってますよ。
帆をマントに、というアイディアはナイス過ぎると思うんだ。
@2001年


09072211.jpg














ドラグオン。
ガリューンが東洋龍なのに対して、
コチラは明らかに西洋竜。
そのボリュームのハンパ無さは、一度実物見たら忘れられないと思うの。
んでデザインというか造形がこれまた秀逸。オススメ。
…って今さら売ってねぇ(苦笑
@2001年


09072215.jpg
















ワイバリオン。
脚のないこんなデザインだというのに自立できるのがコワイ(笑
なんかこう、無性に生っぽい印象受けるなぁ、
ちゃんとメカニカルなデザインなのに。
@2001年


09072216.jpg




















ガンダー。
ワタシ的には、もはや説明の必要のない1体(笑
ゲーム機能と言うある意味余分な要素をうまく取り込みつつ、
ちゃんと変形をこなすのは流石タカラスタッフといったところか。
ちゅーかそろそろDVDでですね…
@2002年


09072212.jpg




















ブルァ…じゃない、ドラゴバースト。
劇中でのイメージが強烈だったけど、トイのほうもそれに勝るとも劣らない強烈さ。
なんといってもダイガンダーとの合体方法が2種類あった、ってのが驚き。
…当時、その事を早速レビューしたら、
「フカシこいてんじゃねーぞ…ホントだー!?」
ってなったのが懐かしい(笑
@2002年


09072213.jpg














ドラゴフレイム。
なりきりトイとしても遊べる、剣に変形出来るのが楽しい。
クリアパーツがふんだんに使われており、見た目も美しいねー。
それでいて、ちゃんとコントローラー機能も有してるってんだから驚きだわ。
@2002年


09072214.jpg




















ドラゴフリーザ。
ドラゴフレイムと同型ながら、
剣ではなく盾になり、色も対をなすブルー、と、
実にお約束なアイテム。
個人的に、ダイガンダーシリーズで一番美しいトイだと思ってます。
ドラゴンダイガンダーにフレイム、フリーザが変形した剣と盾を装着させると、
脅威のドラゴン4体合体に…!
@2002年


09072217.jpg



















ライジンリュウ。
…右のヒゲがもりっと根元から折れてどっかいってる…orz
それはともかく、
ブレイブレオンの2度目のリデコ、として発売されたわけだけど、
それを感じさせないほどのリデコ率に余は満足じゃ。
ただ、デザイン的にところどころフェザードラゴン入ってるのがなぁ。
偶然かもですが。
@2006年


09072219.jpg


















そして最後はアルティメットドラゴン。
なりきりトイに合体する、という、
よく考えたら珍しくないけどインパクトのあるアイテム。
最後はとにかく龍だらけ、ってのが、
実に広井王子だなぁ、と思いましたとさ。
どっとはらい。
@2006年









「ちょっとまてぇ~い!」
「ワシらを無視するとは」
「ゆるさんぞ!」
「ブルァァァァァ!」





…というわけで、やっぱりTFのドラゴンな御方々にも登場いただきましょう。



09072221.jpg
















ドラゴンメガトロン。
文字通りの“ドラゴン”。
こうしてみると、とってもロボに変形するようには見えないのが恐ろしい。
個人的にカラーリングはクライオテックの方が好きですが。
@2000年


09072222.jpg




















ガルバトロン。
ビースト破壊大帝の中で一番好きです兄者ァ!
もう、変形させすぎて腰のジョイントヘロヘロよ。
ドリルが展開してドラゴンヘッドが、というインパクトはすごいよ。
@1998年。


09072223.jpg














デビルギガトロン。
ギガトロンでなくデビルギガトロンなのは、
単にすぐ取り出せるのがコイツだったから。
デビギガは多段変形が売りだけど、それゆえに各形態がちょっとずつ微妙なのが残念。
とかいいながら、200形態以上もの変形を考えられる、人の想像力はすげぇ!
…そのおかげでウチの画像の子は関節ヘロヘロだがな!
@2000年


09072224.jpg


















ブルァ…もとい、フレイムコンボイ。
ロボモードは凶悪そうなのに、
なんかこのビーストモードがかあいらしく見えちゃうのよね、ワタシ。
なんかこう…犬っぽい?
@2005年



以上、我が家にあるTAKARAドラゴンたちでした。
19体いるドラゴンの中で、

09072225.jpg












この3体がマイフェイバリットかな。



09072301.jpg












オマケのドラゴンヘッド詰め。
デザインの系列とか考えたら面白いかもね?

拍手[1回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ここの主
HN:
ピスヲ
性別:
男性
自己紹介:
TFを飽くことなく塗りたくってます。
バーコード
ブログ内検索
来訪者
忍者ブログ [PR]